Did you know that?

48. 引っ越しはたいへんだ〜!−②

〈Consignment-委託販売〉

このメールに懲りた私たちは、すぐに Craigslistもebayも諦め、友人の勧めもありピアノはピアノ販売店の Consignment(委託販売)に依頼してみることにした。この地方の大手のピアノ販売3店に電話をし、状況を話すと、3店とも値段が違った。初めのピアノ店は、「今 Craigslistで信じられない程安いピアノが多数出巡っているので、商売も難しい。1000ドルで引受ける」という。えっ、1000ドルなの?と心は沈む。しかし、最後の1店舗は、対応も良く、ピアノの状態がいいので、たぶん3000ドルぐらいで売れるだろう。店は、委託販売手数料として売上金の25パーセントを取るという。この店に任せることにした。

では、100ドルででもピアノが買えるCraigslistではなく、何故店で買う人がいるのか。店では、新品が欲しい人には新品を売るのが商売だが、中古も取り扱っている。ただ中古も新品同様にピアノの状態が把握され調整管理され、1年間の保証もついているからだと言う。とにかく、Baldwinのアップライトピアノは、1年間この店で預かってもらうことになった。

〈 ebayでものを売る〉

来春東京で就職する息子が、就職したらポートランドにも帰りにくくなるといい、私たちの引っ越し直前に10日程帰ってきた。息子は、以前この地域の骨董品店でアルバイトをしていた時、ebayを利用した販売を任されていた。又自分自身もドラムセットやキーボード等売ったことがあったので、私は処分したい家具を息子の ebayアカウントを通して売ってもらうことにした。

机、椅子、ベッド、碁盤などである。とにかく物を減らしたかった。机やベッドは80ドル限定だったが、机は全米で1000個も売りにでていることが分かり、絶望的だと思った。しかし、布団型ベッドは、すぐにこの地域で2人程申し出があり、初めに電話予約し見に来た人が、そのまま現金で払い持ち帰った。

碁盤は、息子の提案もありオークション販売にしたところ、最低価格50ドルで出したものが、1週間後230ドルまで上がり、送料込みで260ドルで打ち止めとなった。その後私は、碁盤と碁石を梱包して東海岸まで送った。

売りにだした机と片付け前の物であふれる娘の部屋

230ドルで売れた碁盤

ebayは、売買がしっかりしており、支払いはお互いのアカウントの中で行なわれ、もし規約違反を起こした場合、その後は一切 ebayでの売買ができなくなるとのことで、 Craigslistより信頼がおけるようだ。

〈Goodwill-グッドウィルとは?〉

引っ越し荷物を片付け始めると気づくことは、どうしてこのように要らないものをたくさん持っているのか?買い集めて来たか?ということだろう。

私も途方に暮れた。しかし、アメリカにはこのような悩みを解消してくれる素晴らしい機関がある。「Goodwill」である。Goodwill*-1は、家庭で使うもので不要となったものを引き取り、店で低価格で販売している非営利機関である。日本にも「セカンドハンド」などと称した中古品の販売店があるが、引き取る商品の数や種類には格段の差がある。一般的には、ゴミになるようなもの、つまり壊れて使えないもの(割れたコップなど)、食品や使いかけの商品、買った人がそれを使って怪我し訴訟を起こす可能性がある製品以外、殆ど何でも引き取ってくれる。修理すれば使えるような家電、家具、機械、少々形の歪んだ鍋釜類、車でさえ引き取る。

*-1 http://www.goodwill.org/

アメリカでの引っ越しには「Garage Sale」がつきものだが、今回、夫も私もあまりに忙しく、品物を選び価格をつける時間もセールをする日にちもなかったので、寄付しようと思っているもので友人たちが欲しいものは引き取ってもらい、その他は全て Goodwillに寄付することにした。

私は自分自身、夫、子供たちのほとんど着ない服や靴、ゲーム、文具、スキー、スノーボード一式、ローラースケート等のスポーツ用具、 Powell’s Bookで売れなかった本5箱、台所用品(コップや皿1枚でもセットでなくても引き取ってくれる)、ビデオデッキ、使わない小さめの家具等々、我が家の4WDの車満載で4回も持っていった。衣類は洗濯し、持って行くものは破損がないか、汚れていないか一応調べたが、とにかく私は自分が必要ないと思ったものをことごとく大きめの袋や箱にいれていったので、イヤリングやアクセッサリーなどの小さなものまで含めると何百個寄付したか分からない。

私が持っていて使わないより、誰かが使ってくれた方がいいという感覚でいろいろなものを処分した。最終的に私は、我が家の近くにある Goodwillを「My Wonderful Trash Station “Goodwill”」 とまで呼ぶようになっていた。ありとあらゆるものを持っていかせてもらった。もちろんトラックで有料ゴミ捨て場にも2回行った。しかし、Goodwillの良さは、ものを捨てて環境を破壊するのではなく、非営利団体に寄付することによって自分の使わない物が利益を生み出し、又人に使ってもらえるというように、自分の切羽詰まった行いを正当化までしてくれるのである。又、寄付したものに対しては自己申告であるが、税金である部分が払い戻される( Tax Refund, Tax deductible-税控除)仕組みになっている。

Goodwillの売り上げは、下記のように2011年には、$4,000,000,000(4 billion dollars)は今の円換算でも3000数百億円になる。これらの収益金は、主に障害者、また一般の雇用や職業訓練などに使われ、様々な形で地域貢献の為に使われている。

http://en.wikipedia.org/wiki/File:Goodwill_Industries_thrift_shop_Canton_Michigan.JPG
Goodwill Industries thrift store

新しく立派なビルが建てられていくGoodwill。裏に寄付の引き取り所がある。

寄付の品物を持っていくとこのような紙がもらえる。その紙に自分で寄付した品物を記入し、自分で価格を決め、年度末に税申告する。

〈貸し倉庫〉

家の全てのものは、貸し倉庫に入れることにした。アメリカで最も利用されているのが、Public Storage*-2という会社である。全米2000箇所に多くの倉庫を保有している。私たちも家から5分のところにあるこの会社を利用することにした。夫は、我が家の荷物が多いので、大きな倉庫でなければ全てが入らないのではないかと、10X25フィート(3X7.6メートル)もの倉庫を借りる契約をしてきた。

*-2 http://www.publicstorage.com/

自宅のAttic(屋根裏部屋)にも荷物を入れ、処分したものも多くあったので、比較的余裕を持って荷物を入れることができた。

今、夫と私は、東京のど真ん中新宿区で、その倉庫よりちょっと広めのアパートで暮らしている。

我が家の荷物を預けた近所の倉庫“Public Storage”

*グランドピアノも移動し、空っぽになった我が家のリビングルーム

キッチンにある冷蔵庫、又洗濯機と乾燥機は、賃貸者が使うことができる契約にした。カーテン、バランス(valance)などの窓の装飾及び壁や天井についている家電はそのままにしておくのが通例である。



[Goodwill]
Founded in 1902. Goodwill Industries International is a http://en.wikipedia.org/wiki/Not-for-profit_organization that provides job training, employment placement services and other community-based programs for people who have a disability, lack education or job experience, or face employment challenges. Goodwill is funded by a massive network of retail http://en.wikipedia.org/wiki/Thrift_store which operate as nonprofits as well. Goodwill operates as a network of 165 independent, community-based organizations in the U.S., Canada and 14 other countries. In 2011, Goodwills collectively earned more than $4 billion, and used 82 percent of that revenue to provide employment, training and support services to more than 4.2 million individuals. In 1999, over 84 million pounds of food were donated to the stores in Portland, Oregon, part of the Goodwill Industries of the Columbia Williamette (GICW).

このサイトは翻訳学校サン・フレア アカデミーの運営です。

PAGETOP