ケアンズ通信 プロフィール

熊谷美保

2011年4月一杯で4年間働いた地元の大手不動産会社を退職し、パートナーと一緒に不動産会社を設立しました。海外での初めての起業で、競争の激しい業界で大手他社と競合していくのは簡単ではないと覚悟していますが、情熱と想像力を武器に、私達にしか出来ない会社を創りあげていこうと思います。その様子もケアンズ通信の中でご紹介させて頂きたいと思います。英語のウエブサイトには私達の自己紹介ビデオも組み込みましたので、良かったらご覧になってください。

DJ Smith Property(英語サイト) こちらをクリック!
DJスミス・プロパティ(日本語サイト) こちらをクリック!

熊谷さんの「ケアンズ不動産」ブログ こちらをクリック!

********************************************************************************

メールをやり取りしているうちに、まるで10年の知己のようになることがある。美保さんはその一人だ。ぼくのやっている勉強会の記事を読んで、参加できるだろうか、というのが第1便で、聞いたらメルボルンにいるという。大学で翻訳を学んでいる。そうだな、今は翻訳が教科になっている、昔と違うな、そんなことを思いつつ、腕前を試してみた。たしかギャスケルの一文だった。英文読解教室の見本のような訳がきた。ぼくに教える余地があるのが分かった。それから何年か。課題を繰り返していくうちに「突如として上手に」なった。たしか何ヶ月か中断したことがあったが、復帰したらすっかり文学的になっていた。

福岡県の出身。いつくかの会社で事務、秘書、翻訳などをしていたが、2003年にメルボルンへ。その翌年にRMIT大学TAFEで通訳・翻訳全日制コースを受講。NAATI(オーストラリア通訳・翻訳国家資格)の英日翻訳を取得。2006年から法律事務所で裁判関連の資料翻訳業務に従事。2007年 3月よりオーストラリアのケアンズに。この間のいきさつは本人がエッセイで語っているし、これからも語られていく。

今なにしてるの? 地元の不動産会社で社長秘書兼日本人マーケット拡大業務、お分かりになりますか? そうか、日本人誘致もやるんだ。それだけじゃないですよ、アルバイトかな、実務翻訳の仕事もこなしていますよ。それだけ? 好きなオーストラリア作家がいるので、その作品を翻訳してみたい!。がんばれよ、美保さんの日本語確かだよ! 趣味はヨガ、散歩、茶道(なかなか機会が無いと嘆いているが)。それと、なんていっても、トロピカルケアンズののどかな暮らしを満喫すること、とくる。(藤岡記)

このサイトは翻訳学校サン・フレア アカデミーの運営です。

PAGETOP