Did you know that? プロフィール

田中寿美

翻訳家の中里京子さんを通して 「洋書の森」で初めてお目にかかった。一目で分かった。目鼻立ちがくっきり、どうみても南国の人だ。 三十歳を前に一人で生きていく道を模索。熊本で子どもたちに英語を教えて暮らそうと一念発起。オレゴン州ポートランド州立大学で受講しながら、アメリカの生活を見てまわろうと渡米。そこで縁あって、大学で日本文学、伝統芸能を教える「他称日本人」のアメリカ人と結婚。一男一女を育てながら、学校や地域でボランティア活動に勤しむ。公立小学校や企業で日本語を教えてきたが、現在日本人学校補習校でも教えている。

夫君のラリー先生は、大学の講義の中で能、狂言の実技授業を教え、時には学生歌舞伎一座を立ち上げ、その演技指導、演出もやるという。寿美さんは衣装やら着付けで忙しい。「知らざあ言って聞かせやしょう。浜の真砂と五右衛門が歌に残せし盗人の……」、なんと英訳しているのか(BOZ記)。

このサイトは翻訳学校サン・フレア アカデミーの運営です。

PAGETOP