ひとり演習
ジェーン・エア 演習9(18/08/13)
“Sir—sir,” interrupted the clergyman, “do not forget you are in a sacred place.” Then addressing Mason, he inquired gently, “Are you aware, sir, whether or not this gentleman’s wife is still living?”
“Courage,” urged the lawyer,—“speak out.”
“She is now living at Thornfield Hall,” said Mason, in more articulate tones: “I saw her there last April. I am her brother.”
“At Thornfield Hall!” ejaculated the clergyman. “Impossible! I am an old resident in this neighbourhood, sir, and I never heard of a Mrs. Rochester at Thornfield Hall.”
I saw a grim smile contort Mr. Rochester’s lips, and he muttered—
“No, by God! I took care that none should hear of it—or of her under that name.” He mused—for ten minutes he held counsel with himself: he formed his resolve, and announced it—
“Enough! all shall bolt out at once, like the bullet from the barrel. Wood, close your book and take off your surplice; John Green (to the clerk), leave the church: there will be no wedding to-day.” The man obeyed.

「まあ、まあ、ロチェスターさん」牧師が口をはさんだ。「ここは聖なる場所ですよ」それからメイソンの方を向いて、静かに尋ねた。「この方の奥さんが存命かどうか、知っているんですね?」
「勇気を出して」と弁護士がうながした。「はっきり言ってください」
「ソーンフィールド邸で生きています」メイソンはさっきよりはっきりした口調で言った。「この四月に会いました。わたしは兄です」
「ソーンフィールド邸ですか!」牧師が思わず叫んだ。「ありえない! ここには昔から住んでいるんですよ、ソーンフィールド邸にロチェスターさんの奥さんがいらっしゃるとは聞いたことがない」
 ぞっとする笑みがロチェスター氏の唇をゆがめるのが見えた。彼はつぶやいた。
「そうだとも、聞いたことはないだろう。あれの存在を、妻と呼ばれる女の存在を知られないように注意していたのだから」そうして黙った。10分ほど、自分の中で葛藤し、やがて心を決めて、こう言った。
「もういい。全部話そう、今ここで、一気に話す。ウッド、祈祷書を閉じて、祭服を脱いでくれ。ジョン・グリーン(と書記にむかって)、帰ってよろしい。きょうは式はない」書記は言われるがままに帰った。

*Are you aware, 直訳すると「気づいているのか」ですが、「知っているか」が自然。
*一般に、he saidに相当する表現は、発話者が誰であるかを明示するという目的のために使われるので、訳では省略してよい、と言われますが、interrupted the clergymanやurged the lawyerのような、どんな様子で発話したかを表わすものは、省略できません。ちなみに、単純なhe saidも原文のリズムの一部だから省略しない、と言う翻訳者もいます。
*in this neighbourhood「この近所に」と訳しそうになりましたが、ここで言いたいのは、長くこの集落に住んでいる、ということなので、「近所」は合わないと判断しました。
*none should hear of it --- or of herのit、人間扱いしていないことがわかります。そういえば、『”It”と呼ばれた子』という本がありますね。呼ばれる方は辛い。
*all shall bolt out at onceのallは「事実をすべて」。三人称を主語にしているので、shallは話者(ロチェスター氏)の意思を表します。bolt outは「飛び出す」。続くbulletに関連します。すべてを今ここで明らかにしよう、の意。Bulletを使っているので、「銃」「銃弾」等を入れた表現を考えたかったのですが、難しい。「銃弾のようにビューっと」と擬音を使っては幼稚。「ぶちまける」が一番近い表現だと思いますが、時代や身分を考えると不適当です。意味を汲んだ訳にしてみました。

このサイトは翻訳学校サン・フレア アカデミーの運営です。

PAGETOP