ひとり演習
ジェーン・エア 演習14(18/11/28)
 “Mr. Mason does. Mr. Eyre has been the Funchal correspondent of his house for some years. When your uncle received your letter intimating the contemplated union between yourself and Mr. Rochester, Mr. Mason, who was staying at Madeira to recruit his health, on his way back to Jamaica, happened to be with him. Mr. Eyre mentioned the intelligence; for he knew that my client here was acquainted with a gentleman of the name of Rochester. Mr. Mason, astonished and distressed as you may suppose, revealed the real state of matters. Your uncle, I am sorry to say, is now on a sick bed; from which, considering the nature of his disease—decline—and the stage it has reached, it is unlikely he will ever rise. He could not then hasten to England himself, to extricate you from the snare into which you had fallen, but he implored Mr. Mason to lose no time in taking steps to prevent the false marriage. He referred him to me for assistance. I used all despatch, and am thankful I was not too late: as you, doubtless, must be also. Were I not morally certain that your uncle will be dead ere you reach Madeira, I would advise you to accompany Mr. Mason back; but as it is, I think you had better remain in England till you can hear further, either from or of Mr. Eyre. Have we anything else to stay for?” he inquired of Mr. Mason.
 “No, no—let us be gone,” was the anxious reply; and without waiting to take leave of Mr. Rochester, they made their exit at the hall door. The clergyman stayed to exchange a few sentences, either of admonition or reproof, with his haughty parishioner; this duty done, he too departed.

「メイソンさんがお知り合いです。叔父さまはここ何年か、メイソンさんの会社のフンシャル支店で働いています。ロチェスターさんとの結婚を考えている、とほのめかすあなたの手紙を受け取ったとき、ちょうどメイソンさんがそばにいらっしゃいました。ジャマイカに戻る途中にマデイラに滞在して叔父さまを見舞っていたのですよ。叔父さまは手紙の内容を話しました。メイソンさんがロチェスターという名の男性と知り合いだと知っていたからです。ご想像のとおり、メイソンさんは驚いて心を痛め、事情を明かしました。お気の毒なのですが、叔父さまは病床にあって、ご病気の特性と、肺病なのですが、今の状態を考えると、回復は難しそうです。ご自分でイングランドまで急ぎ戻って、あなたを落ちてしまったわなから救い出すことはできず、そういうわけでメイソンさんに頼んで、一刻も早く、いつわりの結婚を阻止する手を打ってもらうことにしました。手を借りるようにと私を紹介しましてね。大至急ことを運びました。間に合ってよかったです。お嬢さんも、そうお思いでしょう。お嬢さんがマデイラに着く前に叔父さまが亡くなってしまうことはほぼない、と思えば、メイソンさんが戻るのについて行かれることをお奨めしますが、現状では、さらなる知らせがあるまでイングランドに残るのがよいと思います。叔父さまからの便りにしても、叔父さまの何かを知らせる便りにしても、です。他に用事はありましたかな?」弁護士はメイソンにきいた。
「いや、ない。出ましょう」不安そうな声だった。そうしてロチェスター氏にあいさつをすることもなく、二人は玄関ホールから出て行った。牧師は傲慢な教区民に説諭か小言か、何かを言おうとして待った。そうして用がすむと、やはり出て行った。

*the Funchal correspondent of his houseのhouse、ここで「家」はおかしいので、辞書を調べると、「会社」の意味があります。correspondentも《商》で「取引先(店)」(リーダーズ)。ジーニアスには「地方駐在員」があります。これがいいでしょう。his houseのhisは、そのあとの説明からメイソン氏だとわかります。
*他にも、union、recruit、intelligenceに気をつけたい。病気見舞いにrecruitを使うのは初めて見ました。リーダーズには「回復させる、元気づける」があります。
*on a sick bed「病床にある」。英語と日本語(漢字)の並び具合が同じですね。
*Your uncle… is now on a sick bed; from which, … it is unlikely he will ever riseの長さに惑わされないように。from whichのwhichが直前のa sick bedを受け、he will ever rise from the sick bedのfrom the sick bedを関係代名詞化していることに注意。
*declineに「肺病」の意味があることも初めて知りました。古典を読んでいると、へえ、と思う単語にぶつかりますね。
*He could not then hasten to…のthenは前文をうけて、「そういうわけで」の意。
*He referred him to me for assistanceのHeとhim。前文と同じ構造です。主語はMr. Eyre。himはMr. Mason。
*I used all despatchのdespatchはdispatchのこと。Allの後ろが複数形になっていないので不可算名詞と判断。「手際よい処置」ととりました。allは「できるかぎりの」の意の形容詞。
*Were I not morally certain that…仮定法条件節のifを省略した形。morally certainで「ほぼそうだと思う」の意味。「that以下のことがほぼそうだということはない」→「that以下のことはなさそうだ」

このサイトは翻訳学校サン・フレア アカデミーの運営です。

PAGETOP