コーヒーブレイクde翻訳
出版翻訳や、翻訳道場を始めとする翻訳指導など、日々の業務で感じたことをつづっています。
本の断捨離は可能?(15/11/09)
狂乱のハロウィーンが終わったら、街中の飾りや店舗の表示が、年末を示し始めました。クリスマスだって? おせちだって? もうそんな時期になったの?! 

今年こそ、大掃除は早めにやってしまおう、と毎年思って、とりあえず口にもするのですが、できたためしがありません。そして今年も同じことになりそう。

でも今年はどうしてもやりたい大掃除があります。それは本の整理です。本に関わる仕事を始める前から、本棚はあふれていました。本は捨てるものではない、という半ば強迫観念があり、また図書館で借りるよりも、自分の財産として本を持ちたい、という願望もあって、増えるだけ増えていきました。さらに、友人や恩師などから、翻訳の仕事に役立つ本を資料としてもらったことも、冊数を増やす一因になりました。今では整理できない本の山がいくつもできて、いざ読みたいと思っても、どこにあるかわからない、という困った状況にあるのです。

本だって、手に取らなければ、読まなければ、ただの「荷物」になってしまいます。そこで本の断捨離を決断することにしました。何度も読みたい本、思い入れのある本、並べて眺めるだけで満足な本、翻訳の仕事で使いそうな本など、いくつかカテゴリーを作って、それにはいらない本を、残念ながら処分したいと思います。処分は、たぶん、ブックオフが身近な方法でしょう。ただ、きれいな本、新しい本しか引き取ってくれませんから、傷のある本は捨てられてしまう。そこで思い出したのが、母校の東京外国語大学で最近始めた古本募金制度。これは多少古くても、傷があってもとりあえず引き受けてくれて、値段がつけばそれを付属図書館の蔵書購入のための寄付とし、値段がつかなければ福祉施設や研究機関などへ寄贈して、なるべく本を生かしてくれる制度です。さらに嬉しいのは、洋書も引き受けてくれることです。洋書はブックオフでは引き受けてくれませんから(少なくともうちの近所のお店では)。

本の選別と処分の方法は決まりました。あとは実行あるのみ。仕事と天気とカレンダーをにらみながら、何とか有言実行といきたいものです。でも……本当に断捨離、できるかな?


柴田元幸さんの訳書。「戦争に引き裂かれた愛と苦悩の運命」というキャッチに惹かれました。こうして本が増えていきます。

このサイトは翻訳学校サン・フレア アカデミーの運営です。

PAGETOP