コーヒーブレイクde翻訳
出版翻訳や、翻訳道場を始めとする翻訳指導など、日々の業務で感じたことをつづっています。
越前敏弥先生から回答をいただきました(15/12/16)
12月12日に洋書の森で、越前先生の「ウィークエンドスキルアップ講座」が開催されました。10月24日にこのブログで書いた先生への質問、回答をいただきましたので、簡単ですが報告します。

1.修業時代に、訳文研究として恩師の田村義進さんと東江一紀さんの訳文を読んだとおっしゃいます。田村さんと東江さんの訳文を素晴らしいと思われた要因は何でしょうか。
(回答)高校生の時、翻訳書の日本語があまりにヘンだったので、翻訳書を読むのをやめていた。ところが勉強として田村さんと東江さんの翻訳書を読んだとき、その読みやすさに驚いた。それまでに読んだ翻訳書とは違う匂い、響き――表現が自然だった。

2.訳文研究では、具体的に何をなさるのでしょうか。
(回答)原書1ページ分を自分で訳して、先生の訳文と比較する。原書と先生の訳文を読み流す。この2本立てで一日3~4時間勉強した。

3.翻訳一本で食べていくには大きな(売れる)仕事がコンスタントにはいってくることが必要ですが、そうでない場合には(塾講師、産業翻訳、その他との)兼業になります。一般的にはそういう人の方が多く、ともすれば現状維持で、なんとなく「翻訳業」を続けていきます。そのような状況を打破して文芸翻訳に限定した仕事を得るには、何が必要でしょうか。自分でできることはあるのでしょうか。これは、先生のおっしゃる「翻訳という仕事の目的は何か、自分なりの答えを見つけてほしい」と関連するでしょうか。
(回答)現実を見れば、文芸翻訳一本で生活するのは無理。兼業が現実的。ただしその場合、しかたなく兼業、というのではなく、海外文化を紹介したいとか、英語教育を通して翻訳文化を普及させたいとか、前向きの気持ちを持つべき。(翻訳という仕事は、翻訳することだけではない、ともおっしゃっていました――斎藤)

4.先生の翻訳の方針は、「日本語として自然な文章に仕上げること」であり、「易しくしすぎてもいけない」、「原文の持つ歯ごたえもちゃんと残」す、とあります。易しくすることと、歯ごたえを残すことの境目は、何を基準に判断するのでしょうか。
(回答)まず「わかりやすさ、こなれている表現」を前提とした「歯ごたえを残す」であることに注意。その上で――たいてい、翻訳者は歯ごたえを残したいと思い、編集者はわかりやすくしたい、と思うもの。現実の出版作業では、両者で話し合って、おとしどころを探す。(講座に出席していた担当編集者の説明によると、作品のキャラクターに合うこと、読者に楽しんでもらうことを第一に考えているのだそうです――斎藤)


「翻訳という仕事の目的は何か」「翻訳という仕事は翻訳することだけではない」に関しては、もっと詳しい説明が必要ですね。ただいま、レポートの作成中です。でき次第、洋書の森のブログやfacebookで紹介します。少々お待ちくださいませ。

「わたしたちの洋書の森」ブログ
こちらをクリック!
「わたしたちの洋書の森」facebook
こちらをクリック!

エラリー・クイーンの新訳、『九尾の猫』。ピンクの猫のイラストが目を引きます。

『九尾の猫』にサインをいただきました。

このサイトは翻訳学校サン・フレア アカデミーの運営です。

PAGETOP