コーヒーブレイクde翻訳
出版翻訳や、翻訳道場を始めとする翻訳指導など、日々の業務で感じたことをつづっています。
痛いところだらけ(16/01/24)
もう何年も前からそうですが、腰痛に悩まされています。立っても座っても、夜寝ていても。起きているときは身体を動かすことで、一時痛みが緩和されることもあるのですが、寝ているときは困ります。寝返りしかできないし、布団から出るなんて嫌だし。眠ったような眠れなかったような、浅い睡眠しかとれないこともあります。

それに加えて二年前、右肩が、肩関節周囲炎、いわゆる四十肩・五十肩と診断されました(意地の悪い医者に、アンタの年を考えると六十肩だね、って言われた!)。いきなり動かすと脳天を突くような痛みが走るので、左手で支えながら右腕をゆっくり動かすようにして、いつか痛みが治まるのを待っているのですが、なんと昨年暮れくらいから、痛みが腕全体へ、そして手首へと広がってしまいました(放散痛と言うそうです)。

整形外科の医者や接骨院の先生によると、使いすぎが原因。すべてパソコンに起因するそうです。腰も肩も、痛みはすでに慢性期にはいっているので、冷やさず温めて、使いすぎないようにしなさい、と言われました。わかっていたんですけどね。今ノッているからこのまま続けよう、とか、明日までに終わらせなければ、とか。パソコンから離れない理由を見つけて、結果こうなってしまった、ということでしょうか。

前回1月11日付の記事で、休みは必要だ、と書きましたが、それは精神的なことだけでなく、身体的にも必要なことでした。休肝日のように、腰や肩などに負担をかけない日を作らなければなりません。それと、身体全体を動かして、血流を良くすることも大事。

スポーツジムに通う? テニスをする? とりあえず、犬の散歩は続けよう!

1月8日に訪れた香取市佐原の街。橋の真ん中に、わたし、立っていますが、見えるでしょうか。

このサイトは翻訳学校サン・フレア アカデミーの運営です。

PAGETOP